Marin Ino & Richèl Wieles 

​マリン          イノウ

リシェル           ヴィレス

2014年から共同でプロジェクトを始動。

オランダのデンハーグにてSunday Platform公演を企画開催し、オリジナル振付作品を発表。

クラシックバレエ経験者のためのコンテンポラリー導入と、自身の身体と向き合うことでクラシックバレエの上達に役立てるワークショップを、札幌にて開催。

パフォーマンス及びコンクール向けの振付作品提供やコーチングも行なっている。

photo: Imre van Opstal

photo: Kim bybjerg photography

photo: Darja Štravs Tisu

photo: Darja Štravs Tisu

プロフィール of

Richèl Wieles

​1991年オランダ生まれ。ハーグ王立音楽学院2011年卒業後スロベニア国立バレエリュブリャナに 入団。2012年-2015年までネザーランドダンスシアターで踊り、 その後1年ルツェルンダンスシアターに所属。現在スロベニア国立 バレエリュブリャナに戻りソリストとなる。ロミオとジュリエットではマキューシオ、 くるみ割り人形では王子を踊り来シーズンは白鳥の湖で王子を踊る予定。

​イリ・キリアン、マルコ・グーク、デイビッド・ドーソン、イレック・ムカメドフ振付の作品などをこれまでに踊る。

2017年に韓国釜山で行われたコンクールで振付をした作品がコンテンポラリー部門にて2位を受賞。

プロフィール of

​Marin Ino

1993年札幌生まれ。ちだとしこバレエスタジオ出身。2011年ローザンヌ国際バレエコンクールセミファイナリスト。ハーグ王立音楽学院2012年卒業後同じく ハーグでデ・ダッチ・ジュニア・ダンス・デヴィジョン設立時に入団。同カンパニーのプロジェクトで数々のメインを踊る。2013年 8月からフリーランスとしてハーグを拠点に活動。コロゾープロダクションと 共にセネガルのソロ・デュオフェスティバルに参加。2015年にスロベニア国立 バレエリュブリャナに入団し、2017年にソリストになる。眠れる森の美女でフロリナ王女、白鳥の湖で 4羽の白鳥、パ・ド・シス、くるみ割り人形でフェアリーゴッドマザー、ドクタージバゴで ジバゴの妻トンヤなどの役を踊る。

イリ・キリアン、ジョージ・バランシン、オーギュスト・ブルノンビル、 カヤタノ・ソト、イルジ・ブベニチェク、アレクサンダー・エクマンの振付の作品などを踊る。                                                      

photo: Menno van der Meer 

photo: Darja Štravs Tisu

© 2023 by Tony Dimatteo. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now